盛岡競馬場の基礎知識

■黄金の競馬場・OROパーク

盛岡競馬場がなぜ「OROパーク」と呼ばれるかというと、かつて盛岡競馬場が盛岡市内・上田地区にあった頃(先々代になります)、競馬場のそばに湧いていた『黄金清水』にちなんで黄金競馬場と呼ばれていたことがありました。
高松の旧競馬場を経て現在地に移転する際、かつての愛称を復活させ、スペイン語で金の意味になる「ORO」をいただくことにしたのです。
 


OROパークスタンド2階から見たパノラマ風景です(4枚合成)。正面が岩手山、左にちらりと見えているのが雫石スキー場のある高倉山、岩手山の右に見えるのが安比高原スキー場のある前森山周辺です。クリックすると大きな写真になります。

 

■芝生での観戦もオススメ

もっと広々としたところで、のんびりと、という方には芝生がおすすめ。スタンドの4コーナー側に拡がる芝生スタンドは、お天気のいいときにはシートをもった家族連れやグループの皆さんで大にぎわい。本当に日当たりのいいところですので、ここに来る時は日焼けにご注意を。
なお、レースへの影響を避けるため、このエリアでのボール遊びと反射するタイプの敷物のご利用はご遠慮いただいております。

 

■馬券検討に疲れたら

4コーナーの奥にある沈床庭園なんかいかがですか。けっこう広さもありますし、四季の小さな花も咲いていて、一休みにはちょうどいいところ。
実況の音声もここではほのかに聞こえてくる程度。レースのことはちょっと忘れて、ぼーっと風に吹かれているのもいいものです。
 

同じく4コーナー芝生席の奥・駐車場側には遊具エリアも。屋外ベンチ&テーブルもありますから、ここでお弁当を拡げるのも良いと思いますよ。
リフレッシュしたらまたレースに挑んでくださいね!!
 

 

■お食事は『屋台村』で

競馬場を歩き回って、さてお腹が空いた。そんな時はここ『屋台村』です。盛岡競馬場名物ジャンボ焼き鳥をはじめじゃじゃ麺・冷麺も楽しむ事ができますよ。
 

 

■岩手山の展望もきれいです

OROパークのおすすめといえばもうひとつ。岩手山の展望もなかなかに絶景。岩手山の別名『岩鷲山』。春も進んで、頂上付近の雪が溶けていった形が羽を拡げた鷲に見えるから、ということだそうですが、機会があったら捜してみてください。
 
ちなみに、盛岡競馬場から早池峰山を見ることもできますよ。