注目レースピックアップ

 

4月29日(土) 特別 南関東ジョッキーズフレンドリーマッチ第2戦(B2・盛岡ダート1600m)

 OROパーク盛岡競馬場での開催がスタートする土曜日、メインレースは南関東の騎手を招待して行われる『南関東ジョッキーズフレンドリーマッチ第2戦』です。
 最初に正直に言ってしまえば、このレースはかなりの激戦であり、予想としても相当難解だと感じます。
 なにせもともと予想が難しいコース替わり最初の週。馬にとっても、その馬を駆る騎手達にとっても久しぶりの盛岡での実戦です。加えてここは騎手対抗戦、出走馬と初コンビとなる騎手も多い。前走までの水沢戦での結果がここでの走りにつながると簡単には言えない部分が、どうしても多くなります。
 あくまでも近走の走りでピックアップしていくなら、同じB2級の上位組で勝ってきているブラックスナイパー、クラウンエンジェル、ディープチル。あるいは勝てなかったまでも上位を確保したオメガブレイン、イマジンジョン、ヤマニンスワンキーらが一段階上の近走実績を持っていると言えるでしょう。盛岡ダート2戦2勝のブラックスナイパーや4戦4勝のクラウンエンジェルはコースとの相性的にも目を惹くものがありますね。
 しかしここは、何度も言いますが騎手対抗戦。14頭の出走馬・騎手のうち、今回コンビを組む馬の騎乗経験があるのはビクターウイナー・山本政聡騎手だけでその他の騎手は全て初コンビ。盛岡コースが初めてという遠征騎手もいるわけですから、このレースは近走成績どおり、人気どおりに収まると思わないで見る方が良いのかもしれません。(写真/ブラックスナイパー)

競走条件
56kg、牝馬2kg減

優先出走権


レース名の由来


岩手競馬での場外発売
■JRA発売
盛岡・水沢
東京 10R:春光ステークス、11R: 青葉賞GII
京都 11R:天王山ステークス
新潟 11R:邁進特別

種市/東京 9~11R 京都 10・11R 新潟 11R

横手/東京 9~11R 京都 10・11R 新潟 11R

各発売所/天皇賞(春)GI 前日発売
■地方他地区

他地区競馬場・発売所での岩手競馬場外発売予定
■全レースを発売
SPAT4|北海道|NT上山|NT福島|BAOO高崎|金沢|DASH和歌山・観音寺・呉|高知|BAOO三刀屋・宇部|BAOO東広島|BAOO鳥取岩美|BAOO天文館
■一部レースを発売
JRAネット投票/1~10R
BAOO博多/8R
BAOO荒尾/8R
佐賀/8R

4月30日(日) IAT岩手朝日テレビ杯 重賞 やまびこ賞M3(3歳・盛岡ダート1800m)

 つい先日開幕したばかりではありますが岩手の3歳戦線は徐々に佳境に近づいています。このやまびこ賞は1着馬から3着馬までに岩手ダービーダイヤモンドカップの優先出走権が与えられるトライアル競走。距離も“本番”により近い1800mとあって岩手ダービーに向けての力関係を計るうえでの重要な一戦という位置づけになります。
 2歳王者・ベンテンコゾウは次戦も門別・北海優駿を目指すため、メンバー構成は「岩手日報杯スプリングカップ出走馬」対「転入まもない馬」の形に。この構図が岩手ダービーダイヤモンドカップでも続く事になります。
 まず前者は岩手日報杯スプリングカップを制したサンエイリシャールをはじめとした上位勢が主力。2歳時の勢いを取り戻したサンエイリシャール、はたまた捲土重来を狙うオールザベスト。この2頭の重賞勝ち馬がその中でも有力な存在と言えるでしょう。
 後者では、前走圧勝を手みやげに移籍してきたブラックロードを筆頭にガルックス、ビッグイージー。ここでどれだけ戦えるか?。
 このやまびこ賞がダービートライアルとして復活した2013年以降、4年間4頭の勝馬のうち3頭がダイヤモンドカップに進んで2勝2着1回の好成績を残しました。昨年のダイヤモンドカップの覇者・エンパイアペガサスもそうでしたね。果たしてどの馬が勝ち名乗りを挙げるのか?にご注目を。(写真/サンエイリシャール) 
 

競走条件
56kg、牝馬2kg減とし、本年度収得賞金200万円毎に1kg加重

優先出走権
1~3着馬に岩手ダービーダイヤモンドカップ(6/11水沢ダート2000m)の優先出走権が与えられます

レース名の由来
やまびこ・・・山や谷などで、声や音が反響する現象より。

岩手競馬での場外発売
■JRA発売
盛岡・水沢
東京 10R:晩春ステークス、11R:スイートピーステークス
京都 11R:天皇賞(春)GI
新潟 11R:谷川岳ステークス

種市/東京 9~11R 京都 10・11R 新潟 11R

横手/東京 9~11R 京都 10・11R 新潟 11R

三本木/東京 10・11R 京都 11R 新潟 11R
■地方他地区
帯広:6R

他地区競馬場・発売所での岩手競馬場外発売予定
■全レースを発売
JRAネット投票SPAT4|北海道|NT上山|NT福島|BAOO高崎|高知|BAOO三刀屋・宇部|BAOO東広島|BAOO鳥取岩美|BAOO天文館|BAOO博多|BAOO荒尾|佐賀
■一部レースを発売
ばんえい/11・12R
BAOO博多/8R
BAOO荒尾/8R
佐賀/8R

5月1日(月) 特別 石桜杯 (B1・盛岡ダート1400m)

 盛岡市にある石割桜にちなんだレース名の「石桜杯」。その石割桜は盛岡でも最も早い時期に開花する桜ですので残念ながら花はもう散っていますが、そのかわり盛岡市周辺の桜は続々満開を迎えている所です。北国に訪れた短い春。レースを楽しみつつ桜も愛でておきたいものですね。

 このレース、注目は何といってもチェリーピッカーです。前走のエイプリルカップを勝って連勝が「10」の大台に。ここはB2→B1の昇級戦にはなりますが、前走の2着馬に2.3秒差の圧倒的な走りを見れば昇級も何のそのというもの。ここでも連勝を伸ばせるかどうか?というところに焦点が集まってしまうのは、ここまでのこの馬の走りを思えば妥当といわざるを得ないでしょう。
 ただここにはB1級やもっと上のクラスでも戦ってきたライバルが多数登場しています。各地の重賞で好走してきたベテラン・ビービーガザリアス、あるいは岩手の重賞・A級特別で何度も上位を占めているオメガスパーキングがその筆頭。ノーノーイエースやマックスキュアらもその中に入れていい実績があります。
 つまりここはB1級特別とはいえ実質ひとまわり格上と言える顔ぶれが揃ったメンバーという事。チェリーピッカーにとってはこれまでより歯ごたえを増したライバル達と言えるはずです。
 それでもチェリーピッカーが突破するか、それともライバル達が立ちふさがるか?そこもまたこのレースの注目点になりますね。(写真/チェリーピッカー)

競走条件
56kg、牝馬2kg減とし、当該クラス以上の特別競走1着賞金額獲得毎に1kg加重

優先出走権


レース名の由来
「石桜」・・・岩手県盛岡市にある石割桜より。盛岡地方裁判所構内にあって、巨木な花崗岩の割れ目に根を張っているのが特徴。天然記念物に指定される白色の彼岸桜。

岩手競馬での場外発売
■JRA発売
■地方他地区

他地区競馬場・発売所での岩手競馬場外発売予定
■全レースを発売
SPAT4|北海道|NT上山|NT福島|BAOO高崎|金沢|笠松|名古屋|DASH心斎橋|DASHよかわ・柳津|DASH福山駅前|DASH和歌山・観音寺・呉|高知|BAOO三刀屋・宇部|BAOO東広島|BAOO鳥取岩美|BAOO天文館|BAOO荒尾|佐賀
■一部レースを発売
南関東/7~9R