2019年の競走体系

 2019年シーズン(平成31年度)の岩手競馬は、ダートグレード競走を頂点とする競走体系を基本とし、より多くのお客様に岩手競馬を楽しんでいただけるよう、魅力ある競走を提供するとともに、競馬番組の一層の充実を図るため以下の取り組みを行います。

ダートグレード競走

 ダートグレード競走については、「南部杯(JpnⅠ)」、「マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)(JpnⅢ)」、「クラスターカップ(JpnⅢ)」の3競走を引き続き実施します。

 ★7/15(祝・月) マーキュリーカップ(メイセイオペラ記念)(JpnIII) 【オープン・盛岡ダート2000m】
 ★8/12(振・月) クラスターカップ(JpnIII) 【オープン・盛岡ダート1200m】
 ★10/14(祝・月) マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)【オープン・盛岡ダート1600m】  

3歳競走体系の拡充

 地方競馬シリーズ『3歳秋のチャンピオンシップ』から、JBC競走へと続く体系整備のため、シリーズ最終戦の「ダービーグランプリ」の施行時期を変更します。
 また、良質な3歳馬の資源確保及び競馬番組の更なる充実を図る観点から、重賞競走を新設するとともに、重賞競走の施行時期を見直します。

 ★東北優駿(岩手ダービー)M1(水沢ダ2000m)重賞新設
 ★ダイヤモンドカップ6月→8月、水沢ダ2000m→水沢ダ1600 m
 ★不来方賞 10月→9月
 ★ダービーグランプリ11月→10月、水沢ダ2000m→盛岡ダ2000m
 ★イーハトーブマイル 準重賞→重賞M3、9月→ 11月
 ★はまぎく賞(盛岡芝1700m)準重賞新設
 ★奥州弥生賞(水沢ダ1400m)準重賞新設

地方競馬シリーズ競走

 全国的に注目度の高い地方競馬シリーズ競走の5シリーズ全てに対応した競走を引き続き実施します。地方競馬ジョッキーズチャンピオンシップについては、昨年に引き続き、盛岡競馬場でファーストステージを実施(予定)します。

 ★『GRANDAME-JAPAN』 世代別牝馬重賞シリーズ
 ビューチフルドリーマーカップ(古馬シーズン)、留守杯日高賞(3歳シーズン)、プリンセスカップ(2歳シーズン)
 ★ダービーシリーズ 東北優駿(岩手ダービー)
 ★未来優駿 若駒賞
 ★スーパースプリントシリーズ 早池峰スーパースプリント
 ★地方競馬ジョッキーズチャンピオンシップ ファーストステージ(予定)

騎手招待競走(予定)

 平成30年度に引き続き、中央競馬騎手招待「ジャパンジョッキーズカップ」、地方及び中央所属の若手騎手による「ヤングジョッキーズシリーズトライアルラウンド」、及び「地方競馬ジョッキーズチャンピオンシップファーストステージ」をそれぞれ実施する予定です。

馬資源の確保及び強い馬づくり

 良質な馬資源を確保しフルゲートによる魅力のある競走をお客様に提供するため、賞典費の引上げや若馬購買補助により、年間を通じた資源の安定確保を図ります。

スタリオンシリーズの継続(予定)

 スタリオンシリーズについては、生産団体等からの協賛をいただき、平成31年度も継続して実施する予定です。