盛岡競馬場・水沢競馬場で『調教始め式』を行いました

本日2016(平成28)年2月23日(火)、盛岡・水沢両競馬場にて『調教始め式』を行いました。 盛岡競馬場では『馬頭尊(ばとうそん)』、水沢競馬場では『馬櫪神(ばれきじん)』での“安全祈願祭”、そして本馬場での“馬場清め”を行った後、開放された本馬場では人馬が久々の馬場の感触を確かめるかのようにレースに向けた調教を開始しました。 今シーズンの岩手競馬特別開催はきたる3月19日/20日/21日、26日/27日/38日の6日間!また、新シーズン・2016シーズンの岩手競馬は4月2日(土)に開幕します。間もなく始まる春の岩手競馬をお楽しみに! (写真/馬場清めの模様) ■岩手県競馬組合副管理者 立花良孝のコメント
 本日、調教始め式を行い、いよいよ、3月19日からの春競馬に向けた調教がスタートしました。 2016年シーズンで、盛岡競馬場OROパークは開設20周年を迎えます。 この節目のシーズンにあたり、マイルチャンピオンシップ南部杯を頂点とする更に面白いレースを提供し、ファンの皆様に感動と興奮を与えられるよう、関係者一同取り組んで参りますので、引き続きご愛顧いただきますようお願い申し上げます。