岩手競馬グレード制の導入について ~ 2016年シーズンから導入決定! ~

 岩手競馬では、重賞競走の位置付け及び重要性を明確にし、お客様により分かり易い競走体系とするため、1着賞金額、競走条件及び競走内容等を総合的に勘案し、年齢区分別に格付した「岩手競馬グレード制」を2016年シーズン(平成28年4月2日・土曜開幕)から導入しますので、おしらせいたします。
岩手競馬グレード格付基準
1 グレード制の定義
サラブレッド系重賞競走について、賞金、負担重量、距離及びコース区分、施行時期、歴史と伝統、競走内容等を総合的に勘案して、年齢別にM1競走M2競走及びM3競走に分類し格付けすることをいう。 ただし、日本グレード格付け管理委員会によって承認されたダートグレード競走は除く。
2 格付基準について
(1)M1競走 岩手競馬の競走体系上最も重要な意義を持つ根幹競走であり、次の要件を満たしていること。 (1)賞金額は下表の1着賞金額の基準を満たしていること。 (2)負担重量は年齢及び性別によるアローワンス以外は同じ重量(定量)であること。 (2)M2競走 M2競走は、M1競走に次ぐ重要な競走であり、M1競走の要件の一部が満たされていない競走で、かつ下表の1着賞金額の基準を満たしていること。 (3)M3競走 M1競走及びM2競走以外の重賞競走とする。