ゴールデンジョッキーズシリーズ/総合優勝は大逆転で陶文峰騎手!!

岩手競馬の騎手12名が全3戦でしのぎを削る『ゴールデンジョッキーズシリーズ』。最終戦となる第3戦が1月10日の水沢競馬場で行われました。 レースの結果は3番人気に支持された陶文峰騎手騎乗・イルポスティーノ号が優勝、2着は小林凌騎手が騎乗したダイワエクシード号が、そして3着には山本政聡騎手が騎乗するトーホクアロー号が入りました。一方で第2戦までの上位に付けていた南郷家全騎手、阿部英俊騎手らは下位に。 これにより同じ27ポイントで3名が並ぶという大混戦。最終的には規定によって第3戦の着順上位騎手がシリーズ総合順位も上位となって、第3戦で優勝した陶文峰騎手が総合勝者となりました。 陶文峰騎手は第2戦までのポイントでは最下位。そこからの奇跡の大逆転総合優勝をはたして優勝賞金50万円も手にしました。 岩手競馬騎手12名による腕比べ『ゴールデンジョッキーズシリーズ』へのご声援、ありがとうございました。 なお、「総合優勝ジョッキー予想クイズ」当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきますのでご了承ください。
■総合優勝 陶文峰騎手コメント 「第2戦が終わった時点で最下位だったので、優勝なんて全く考えていなかった。正直、自分自身が驚いています。レース前は向正面スパートを考えていましたが、スローだったら早めに行ってもいいと言われたので思い切ってスタンド前から仕掛けました。 残り600mで後ろを振り返ったら、ずいぶん離しているなと思いましたが、自分のペースで行っただけ。結果的にこの戦法が良かったのでしょうね。 今シーズンは重賞勝ちがなかったのでボーナスをもらえて、なおさら嬉しい。この賞金は家庭サービスに使おうかなと思っています。
★ポイント表(第3戦終了時点・最終結果)
第1戦 12/20 第2戦 12/29 第3戦 1/10 合計P 順位
着順 P 着順 P 着順 P
陶 文峰 12 1 6 6 1 20 27 1
山本聡哉 2 15 10 2 5 10 27 2
南郷家全 3 13 3 13 11 1 27 3
関本 淳 5 10 4 11 7 5 26 4
阿部英俊 1 20 8 4 12 1 25 5
村上 忍 6 6 2 15 8 4 25 6
菅原俊吏 4 11 9 3 4 11 25 7
坂口裕一 11 1 1 20 9 3 24 8
山本政聡 7 5 7 5 3 13 23 9
齋藤雄一 8 4 取消 5 6 6 15 10
高松 亮 10 2 5 10 10 2 14 11
木村 暁 9 3 欠場 5 欠場 5 13 12