マークカード&買い方

新しいマークカードの変更点 ○岩手競馬・他地区発売とも必ず「場名」をマーク(塗りつぶし)してください これまでのカードでは他地区場外発売の購入時にのみ「他場1・2」欄をマークしていましたが、新しいカードでは盛岡・水沢競馬を含め購入したい競馬場の場名を必ずマークしてください。 ○「基本カード」で全ての賭式をご購入いただけます これまでは単複・連勝複式用のカードと馬番連単・3連単用のカードが分かれていましたが、新しいカードでは水色の基本カードで全ての賭式を購入していただけるようになりました。 ○『ライトカード』を導入します 文字やマーク欄が大きくなって、見やすく購入しやすい『ライトカード』を導入します。 「ライト」と言っても購入できる内容は水色の基本カードと同じ。お気軽にご利用ください。  

●単勝・複勝・枠番連複・馬番連複・馬番連単・ワイド・3連複・3連単→ 水色のカード

両面が「単勝・複勝・枠番連複・馬番連複・馬番連単・ワイド・3連複・3連単」用のカードです。 表面・裏面それぞれ4点ずつ購入する事ができます。また、表面で「単勝」、裏面で「3連単」というように表裏で異なる種類の賭式を購入する事もできます。 ※右の画像をクリックすると大きな画像を見られます。  

●連複ながし&連単ながし→ 緑のカード

片面が「枠番連複・馬番連複・3連複・ワイド」の連勝複式ながし、もう片面が「馬番連単・3連単」の流しを記入する欄となっています。 ながし式の購入の場合は「1頭軸ながし」「2頭軸ながし」が、連単式ではそれに加えて「マルチ」式の買い方ができます。 両面のどちらか一方だけの使用になります。両面を同時に記入して購入する事はできません。 (上・連単ながし面 下・連複ながし面) ※右の画像をクリックすると大きな画像を見られます。      

●フォーメーション&BOX →紫のカード

片面が「フォーメーション」、もう片面が「BOX」を記入する欄となっています。 このカードも連複・連単ながしカード同様に、両面のどちらか一方だけの使用になります。両面を同時に記入して購入する事はできません。 (上・フォーメーション面 下・BOX面) ※右の画像をクリックすると大きな画像を見られます。      

●単勝・複勝・枠番連複・馬番連複・馬番連単・ワイド・3連複・3連単⇒ 朱色のカード

このカードは、水色のカードと同じく「単勝・複勝・枠番連複・馬番連複・馬番連単・ワイド・3連複・3連単」用のカードですが、文字が大きくなるなど見やすくなっているのが特徴です。 表面で2点、裏面で3点の合計5点を購入する事ができます。 なお、表裏で異なる種類の賭式の購入をする事はできません。  

フォーメーションの買い方

フォーメーション投票の特徴は自由な組み合わせ。馬単なら「1着指定3頭と2着指定4頭とのながし」とか、3連単なら「1着指定3頭・2着指定2頭・3着指定4頭」というような組み合わせで、なおかつ1着や2着に同じ馬番を加えたりしながら、自由な組み合わせで購入できるようになります。
●3連単のフォーメーションの例
1着指定 2着指定 3着指定
↑一つの着順に複数の馬を選んでもOK! ↑同じ馬番が別の着順に入っていてもOK! (この場合は「1」が1着でも2着でもよい) ↑ここも左と同じく「2」と「11」が2着と入れ替わってもよい。ただし「6」と「9」は3着でなくてはダメ
  ●馬単のフォーメーションの例
1着指定 2着指定
↑一つの着順に複数の馬を選んでもOK! ↑同じ馬番が別の着順に入っていてもOK! (この場合は「2」と「5」はいわゆる“裏表”になっています)
 

フォーメーションの注意点

●フォーメーション式で購入する場合、基本的に馬番をどのように記入していても発売されます。「同じ馬番が1着・2着・3着それぞれにある」等でエラーが出る事はありません。 ただし発売されていない番号や除外・取消になった番号を選んだ場合にはエラー表示となり発売されません。 ●また、一度に購入できる買い目の点数に上限がなく、例えば「14頭立て・3連単全通り→2028通り」でも購入できます。購入する買い目・点数はご自分でよく検討した上でお買い求めください。 ●フォーメーションの点数を購入前に知りたいという時は、自動発売機の点数確認機能をご利用ください。 自動発売機の画面内に「フォーメーション確認」というボタンが表示されていますので、このボタンを押した上で買い目を記入したフォーメーションカードを投入して下さい。画面内に点数と金額の合計が表示されたのちカードが返却されます。 実際に購入する場合は、これまで通りまず現金を投入した後、カードを入れてください。 ※注 この機能はフォーメーションカードでのみ利用できます

フォーメーションのウラワザ

フォーメーションのカードをうまく応用すると、ほとんど全ての賭式・賭け方がこのカードだけで購入できます。
 馬単のフォーメーションで1着・2着をまったく同じに  →馬単BOX
 (馬複・ワイド・3連複・3連単でも、1~3着まで同じ指定馬番にすれば、それぞれのBOX買いと同じになります
 
馬単のフォーメーションで1着に1頭、2着に複数 →馬単ながし
(馬複・ワイドでもそれぞれのながし買いと同じになります)
 
3連単のフォーメーションで2着に1頭、1着・3着は同じ馬 →3連単の軸1頭ながし
 
 3連単のフォーメーションで1着に複数、2着・3着はそれぞれ1頭指定 →3連単の軸2頭ながし
 

マルチ

マルチは簡単に言えば連単式で自動的に“裏表”を購入する買い方です。 例えば「馬単1着ながし」に「マルチ」を加えた場合、同時に「2着ながし」も選択した事になります(この場合点数が2倍になります)。 また、「3連単・1頭軸のながし」に「マルチ」を加えた場合、その馬の「1着ながし」「2着ながし」「3着ながし」も同時に選択した事になります(この場合点数が3倍になります)。 ●馬単のマルチの例
 通常のながしの場合
馬番「2」を1着に指定しての流しで、購入点数は5点
 
 マルチの場合
マルチ
  裏表を購入した事になり、購入点数は10点
  ●3連単のマルチの例
通常の1頭軸ながしの場合
馬番「5」を1着に指定しての流しで、購入点数は6点
 
 マルチの場合
マルチ
馬番「5」が1着の場合・2着の場合・3着の場合を同時に購入した事になり、購入点数は3倍の18点
 

軸1頭ながし・軸2頭ながし

3連複・3連単の賭式では一頭を軸にしたながし(→軸一頭ながし)軸を二頭決めたながし(→軸二頭ながし)の2つのながしができます。 「軸一頭ながし」の場合は軸にしたい馬一頭を1~3着のどれか一つに、「軸二頭ながし」の場合は軸にしたい馬2頭を選んで1~3着のうちの2つに決め、相手の馬番を選んで下さい。 ●3連単の軸1頭ながしの例
馬番「5」を2着に指定しての流しで、購入点数は6点
●3連単の軸2頭ながしの例
馬番「5」を2着に、馬番「11」を3着に指定しての流しで、1着が複数となります。2・3着の2頭の着順がこの通りにならないといけないので、比較的難易度が高い買い方といえます。
●3連複の軸2頭ながしの例
馬番「5」と馬番「11」を軸に指定しての3連複流しです。この場合、 ○2-5-11 ○5-8-11 ○5-9-11 となった場合が的中となります。“人気馬2頭を中心に穴馬に流したい”という時に使いやすい買い方です。