鈴木 祐騎手が日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞!

 2017(平成29)年12月20日(水)、公益財団法人日本プロスポーツ協会が主催する『第50回 内閣総理大臣杯 日本プロスポーツ大賞授賞式典』が東京都内・グランドプリンスホテル新高輪で行われ、鈴木祐騎手が新人賞を受賞しましたのでおしらせいたします。

 『日本プロスポーツ大賞』は“我が国のプロスポーツ界の健全な発展ならびに振興に寄与すること”を目的として1968年から実施されている賞で、その中の新人賞は“当該年度1ヵ年に新人として抜群の業績を残した選手”に与えられるものです。

 これまで岩手競馬からは功労賞として2004年度・菅原勲騎手、2009年度・小林俊彦騎手(※いずれも現調教師)が受賞していますが新人賞は初めてになります。

 なお、鈴木祐騎手は、12月27日(水)大井競馬場、12月28日(木)中山競馬場で行われるヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンドに出場します。鈴木祐騎手の今後益々の活躍に、皆様の応援・ご声援をよろしくお願いいたします。


■鈴木祐騎手のコメント
「素晴らしいプロスポーツ選手と同じ場で新人賞をいただき、大変光栄です。来週のヤングジョッキーズシリーズのファイナルラウンドに向け励みになりました。頑張って騎乗します」