若鮎賞(M3)結果/優勝はメドゥシアナ号

(写真/メドゥシアナ)
■勝利騎手コメント/高松亮騎手 デビューしたての馬たちにしてはペースが速かったので、最後方でもまったく不安がなかった。流れに関係なく、自分の競馬に徹することを心がけました。勝負どころの3コーナーで前の馬たちがもたついていたので、無駄な脚を使わず進出できたのも勝因。前半で貯めも作れたし、直線もしっかり伸びてくれました。デビュー前から先生(千葉幸喜調教師)と長い距離の方がいいだろうなと話をして、実際に勝つことができてホッとしました。 ジュニアグランプリは、昨年もソロフライトで勝たせてもらったゲンのいいレース。全国の強豪相手にも健闘を期待しています。