第5回盛岡競馬前半 盛岡競馬場の馬場概要/7月8日現在

●ダートコースの状態
☆クッション砂の砂厚は 11.0cm で調整しています。 ☆馬場状態:稍重(7月8日14時現在)
馬場全面の点検に併せ、競走馬の安全確保の観点から、砂厚の薄くなった部分へ補充調整を実施しました。
★最後の直線走路(第1コーナー付近より)/14時
●芝コースの状態 ☆寒地仕様の洋芝 トールフェスク、ケンタッキー・ブルーグラス、ペレニアル・ライグラスの三種混合
☆芝の草丈は 11.0cm で調整しています。 ☆馬場状態:稍重(7月8日14時現在)
今週は3日間で1,600m・1,700mの芝競走を計5鞍実施します。 修復期間が短期間ではありましたが、芝の生育状況も良く概ね良好な状態です。 ☆中間の作業 水沢開催中の2週間で、傷んだ箇所の修復、肥料散布、適度の散水を行い馬場の回復に努めました。 刈込作業は11日(月)に9cmで実施しました。
★最後の直線走路(ゴール付近より)/14時 ※この馬場状態情報は盛岡競馬開催週の開催日前日(おもに金曜日)にお伝えしています。