岩手競馬関係者が『平成28年熊本地震災害義援金』へ寄付金の贈呈を行いました

2016(平成28)年5月17日、日本赤十字社岩手県支部において、岩手競馬の関係者が『平成28年熊本地震災害義援金』への寄付金を贈呈いたしました。 贈呈式には、岩手県調騎会会長・瀬戸幸一、岩手県調騎会騎手部会会長・村上忍、岩手県競馬組合副管理者・鈴木浩之が出席し、日本赤十字社岩手県支部事務局長 佐々木和延様へそれぞれ寄付金を贈呈しました。
■日本赤十字社岩手県支部事務局長 佐々木和延様コメント 「『熊本地震災害義援金』への寄付をいただき、誠にありがとうございます。日本赤十字社では社をあげて被災者支援に取り組んでいるところです。今回の義援金も熊本の皆様に速やかに届くよう手配いたします。今後ともご支援をお願いいたします。併せて、岩手競馬の今後益々の発展を祈念します」 ■岩手県調騎会騎手部会会長 村上忍コメント 「岩手競馬では、5月1日から4日までの4日間、毎日2レース・合計8レース『熊本地震被災者支援競走』を実施いたしました。本日は、その売上の一部と、競馬場等で行いました募金活動により集まった義援金、あわせて1,790,429円を、熊本地震被災者の皆様へ寄付いたします。今後の復興に少しでもお役にたてていただけたらと思っております」 ■岩手県調騎会会長 瀬戸幸一コメント 「岩手県調騎会では、会員から募った熊本地震被災者支援の義援金として、50万円を寄付いたします。よろしくお願いします」
 
■贈呈者及び贈呈額 (1)岩手県競馬組合 岩手県競馬組合(管理者:達増拓也岩手県知事)では、5月1日(日)から5月4日(水)までの4日間、毎日2レースずつ合計8レースに実施した「熊本地震被災者支援競走」における売得金額の1%相当額と、4月16日(土)から4月30日(土)までに集まった競馬場及び場外発売所での募金を寄付します。 贈呈者/岩手県騎手部会会長 村上忍 岩手県競馬組合副管理者 鈴木浩之 贈呈額/1,790,429円 (内訳:支援競走:1,598,846円、競馬場内及び場外発売所での募金:191,583円) (2)岩手県調騎手会 岩手県調騎会(瀬戸幸一会長)では、同会の会員による募金を寄付します。 贈呈者/岩手県調騎会会長 瀬戸幸一 贈呈額/500,000円
※ なお、競馬場及び場外発売所での募金等は、5月末まで継続して実施しております。