岩手競馬における禁止薬物陽性馬発生厩舎管理馬の薬物検査の結果について(第2報)

2016(平成28)年12月17日(土)に岩手競馬における禁止薬物陽性馬の発生について発表したところですが、これらの馬が所属する3厩舎の全管理馬の薬物検査結果について、(公財)競走馬理化学研究所から、本日次のとおり通知がありましたので、おしらせいたします。
1 調教師名(管理厩舎)
吉田 司 調教師(9頭) 千葉幸喜 調教師(21頭) 石川 栄 調教師(10頭)
2 検査頭数
40頭(12月18日血液採取)
3 検査結果
全頭陰性
4 その他
(1) 薬物検査の結果、上記3厩舎の所属馬については、次回競馬開催日の12月24日(土)以降の出走が可能となります。(禁止薬物陽性馬3頭を除く) (2) 禁止薬物陽性馬3頭については、検出された禁止薬物であるニコチンの特殊性を踏まえ、馬体を通過しての検出かについて再検査中であり、結果が分かり次第お知らせします。 ※報道発表資料