ビューチフルドリーマーカップM1結果/優勝はジュエルクイーン号

(写真/ジュエルクイーン)
■勝利騎手コメント/吉原寛人騎手 今回は着差以上に強い内容でした。ボクが動くか、宮崎さん(タイムビヨンド)が動くかの駆け引きがあったが、先に動いてくれて結果的に競馬をしやすくなりましたね。 前回(ブリーダーズゴールド)もスムーズなレースをしたかったが、内に包まれて厳しい競馬になってしまいました。何度もチャンスをいただきましたが今回、結果を出せてホッとしています。この馬はGRANDAME-JAPANの優勝を狙える器ですから、次も頑張ってほしい。