ゴールデンジョッキーズシリーズ第2戦/坂口裕一騎手が優勝!暫定1位に浮上

岩手競馬の騎手12名が全3戦でしのぎを削るオッズパーク杯『ゴールデンジョッキーズシリーズ』。第2戦は水沢ダート1600mを舞台として行われ、1番人気・坂口裕一騎手騎乗のイチフジキング号が優勝しました。 レースはハナに立った3番人気アキツシマを8番人気トウショウパシオンが追う、やや速い流れの展開。この2頭が後続を引き離すシーンもありましたが、中団から徐々に捲っていったイチフジキングが取りついていくと、最後は懸命に粘るトウショウパシオンを競り落とし、なお6馬身突き放してゴール。同馬にとっては4連勝の、坂口裕一騎手にとってはこのシリーズ待望の勝利となりました。 この勝利で20ポイントを獲得した坂口裕一騎手は第2戦終了時点でのシリーズ暫定1位にも浮上。2位には村上忍騎手、3位には山本聡哉騎手・高松亮騎手が並びました。しかし上位のポイントは僅差といえ、総合優勝の行方はまだまだ分かりません。 その最終・第3戦は年が明けて1月8日(日)の開催です。総合優勝はどの騎手となるか!?騎手たちの熱い戦いに最後までご注目ください。 ★ポイント表(第2戦終了時点)
第1戦 12/18 第2戦 12/25 第3戦 1/8 合計P 順位 ※暫定
着順 P 着順 P 着順 P
坂口裕一 9 4 1 20 24 1
村上 忍 5 10 3 13 23 2
山本聡哉 1 20 11 1 21 3
高松 亮 2 15 6 6 21 4
山本政聡 10 3 2 15 18 5
陶 文峰 3 13 7 5 18 5
齋藤雄一 5 5 10 15 7
阿部英俊 12 1 4 11 12 8
関本 淳 4 11 12 1 12 8
高橋悠里 6 6 9 3 9 10
菅原俊吏 7 5 10 2 7 11
菅原辰徳 11 2 8 4 6 12