Road to 南部杯30th記念コラム~イーグルカザン・橘友和調教師

イーグルカザンを出走させる橘友和調教師に聞きました

近況をお聞かせください
 前走後も凄く安定していて、良い状態を保てていますね。

今年の春に岩手に来た馬ですが、ここまで活躍できる馬だと思っておられましたか?
 重賞で入着は出来るかな?とは思っていましたが、こんなに常に勝ち負けに絡んでこれるほどとは、正直な所思っていなかったですね。
 来た当初はどのように態勢を整えてあげればいいか?も手探りな所があって、それをスタッフ皆で、装蹄師さんなども一緒になって解決しながらやって来てそしてここまでの成績を出すことができた。その点は自信になっています。

普段のイーグルカザンはどんな馬ですか
 普段はね、悟りを開いたようなおとなしさがあるんですけども、いざレースに出た後になると9歳馬とは思えないくらい大暴れしてみたりして。レースに向けては無駄な力を使わないでいて、走る時に全部出すみたいな、そんな気持ちの切り替えがはっきりしている馬ですね。レースに対する気持ちは他の馬の何倍も凄いんじゃないかな。自分も厩務員時代に良い馬をたくさん見てきたけど、そういう馬たちに比べてもはっきりしていると感じます。

最後に抱負を
 自分は調教師になってまだ2年経っていないですが、それでこういう大きな舞台に立てることはとても幸せなことだと思っています。
 そして、スタッフ、馬主さん、騎手それぞれの努力のおかげで南部杯に出走する、ということになりましたから、それも調教師として幸せな部分ですね。
 あとは、9歳馬なので、レースでも無事に、元気いっぱいがんばってくれればと思っています。

(取材日/9月24日)

※このインタビューは出走馬選定時点の岩手代表馬の調教師にうかがっているものです

 

投稿者 よこてん/横川典視


一覧に戻る